臭い」タグアーカイブ

なかなか気が付き難い更年期の口臭とは?

自分自身の息が臭いかどうか、気にしたことってありますか?
にんにくやニラなど、ニオイの強いものを食べた時は気にするかも知れませんが、
実は更年期の女性で口臭がキツイ人が一定数いるのです。
これは直前に食べたものは関係なく、更年期特有の原因や病気理由で臭ってしまうもののようです。
更年期の口臭の原因とその対策方法はどのようなものがあるのでしょうか?
自分でなかなか気づくことが難しい口臭について確認しておきましょう。

口臭が発生してしまうときは、口腔内(口の中)に問題がある場合と、体内環境に問題がある場合の2つが考えられます。
更年期に入ると胃腸の調子が悪くなりやすく、それにより口臭が発生したり、
口腔内の問題ですと、歯槽膿漏や歯周病で口臭が発生します。
しかも、歯槽膿漏の場合は本当に酷く臭ってしまうそうです。
そして一番の問題なのが他人にはこれらの臭いが耐えられないほど強く感じるのに、
当の本人はなかなか気付かないという点なのです。
口臭って、いくら臭いがきつくても本人には言いづらいものですよね。
でも、知らず知らずに表情や態度に出てしまうんです。
口元や鼻を何気なく手で押えられたり、少し嫌な表情をされたり、ちょっと距離を置かれたり。
相手がそんなしぐさや態度を見せることが続いたら、自分の口臭を確認してみたほうがいいかもしれません。

では、口臭をなくすにはどのような対策があるのでしょう。
まずは口腔内に問題がないかどうか、歯科医師に診てもらいましょう。
定期的に検査をしてもらうことで、自分の歯を健康に長く使うことができるようになります。
そしてできれば毎食後、きちんと歯磨きをして歯と歯茎を守ってあげることが大切です。
そして、体内環境を正常化させるよう食生活を見直し、腸内環境を整えるようにしましょう。
・・・といっても、何度も繰り返しになってしまいますが更年期症状にはストレスが大敵です。
自分のできる範囲内で続けることで、ストレスを軽減することができます。
サプリメントなどに頼るのもいいかもしれませんね。

自分で気がつきにくい口臭ですが、臭いは周囲に迷惑をかけてしまうものです。
しっかり対策して更年期も気持ちよく過ごしたいですね。

タグ , , , ,

男性だけじゃない!女性の加齢臭の原因と対策とは?

「更年期」と聞いて真っ先に思い浮かぶものの一つに、「加齢臭」があります。
でも、『加齢臭=おじさん』の考えでいる人、結構多いですよね。
実は私も加齢臭は男性が発するものだとばかり思っていましたが、実際は女性にも加齢臭があるんですね!
女性の加齢臭、その原因と対策方法にはどんなものがあるのでしょうか?
自分でなかなか気づくことができない、やっかいな加齢臭について調べてみましたよ!

女性の加齢臭の主な原因は、更年期になり女性ホルモンが減少し、
それにともなって引き起こされる自律神経の乱れにあります。
特にもともと女性の体の中にもある男性ホルモンが、更年期になって優位に立ってしまうことで汗腺や皮脂腺の分泌量が増えて
その結果臭いのもとになる「ノネナール」という物質ができてしまうことが一番の原因なのです。
ノネナールは、皮脂腺の中にある脂肪酸が増加してできてしまうにおい物質のことです。
私のように『加齢臭=男性のみ』と考えられていたのは、男性のほうが皮脂腺からだの分泌が多いので
加齢臭の原因物質を作り出しやすいからで、女性でも高タンパクな食事を多く摂ったり、喫煙、お酒を多く飲む習慣があると、
男性と同様、脂肪酸を増加させやすくなってしまい、加齢臭を発するようになってしまうのです。

では加齢臭を防止するためには、どうしたらいいのでしょう?
一番には皮脂腺の多い場所を清潔に保つこと、二番目には食生活・生活習慣の見直しです。
皮脂腺の多い場所を知って、毎日お風呂に入ってその場所に皮脂を溜めないようにすることが、
臭いを作らせないためには最も重要になります。
皮脂腺の多い場所は、
・頭皮(髪の毛の生え際)
・顔のTゾーン
・脇の下
・デリケートゾーン
・耳の後ろ
・胸元と胸の谷間
になりますので、覚えておくようにしましょう。
そして、タバコやお酒を控え、低タンパクな食事を心がけるようにしましょう・・・といっても、
そんなにすぐ切り替えて満足できないですよね。
加齢臭含め更年期症状は、ストレスが大敵!ストレスをためてしまうと症状が悪化してしまうこともあります。
体の内側から錆びにくくする、抗酸化作用のある食品を摂ったり、サプリや漢方薬に頼ってみるのもいいですね。

タグ , , , ,

気になる!更年期のおりものの臭いの原因と対策

女性ならではの更年期症状の臭い、といえば、おりものの臭いですね。
それまでさほど気になることもなかったおりものの臭い、
それがとても気になるほど臭うようになったり、色に変化があったり・・・。
更年期のおりものは今までと変わるのはどうしてなのか?臭いなどが気になった時の対策は?
更年期女性の実に4割が気になってしまうという、おりものの臭いの原因と対策をチェックしてみましょう!

おりものは女性ホルモンが充分に分泌されているかどうかの目安にもなるもので、
分泌が十分な場合、透明でサラサラとした分泌液が多く出てくるのですが(排卵期は粘土があり卵白状ですね)
更年期になり女性ホルモンの分泌量が減少してくると、色や量などが変化するのです。
透明だったおりものに黄色、もしくは茶褐色に近い色がつき、下着につくと困ることも。
おりものの分泌量も減り、少しべとつく感じになることが多いようです。
そして、一番変化するのが「臭い」で、今までと、明らかに違うような臭いがすると感じる人が多く、
特に嗅覚過敏の症状が出ている場合はとても気になってしまうようです。
このおりものの臭いが変わる原因も、女性ホルモンの減少と関係があります。

更年期になると、女性ホルモンの現象によりおりものを分泌させる力が弱まってしまいます。
膣内を雑菌から守る役割のあるおりものの分泌が減ってしまうと、自力で膣内を清潔に保つことが難しくなり、
膣内に雑菌などに侵されやすい状態になってしまいます。
雑菌が増えると、臭いが強くなることがあり、また雑菌が増殖しすぎると膣内で炎症を起こし、
「膣炎」になって痛みや痒み・おりものの増加・きつい臭いを発するなどといった症状がでてしまいます。
(膣炎になってしまった場合は、必ず専門医を受診してくださいね)
よって、対策として一番重要になってくるのが、「雑菌を増やさない」ということになってきます。

自分でできる対策として、まず第一に陰部を清潔にすることです。
月経時のナプキンやおりものシートなどは、長時間装着せずこまめに変え、
毎日お風呂に入り清潔にしておくことが大切になってきます。
ですが、必要以上に洗いすぎないように気をつけてくださいね。
刺激の強い石鹸を使ったり、トイレにいく度にビデを使用してしまうと、
膣内のうるおいが保てず、逆効果になってしまうことがあります。
また、ストレスで女性ホルモンが乱れてしまうと、雑菌が繁殖しやすくなってしまうそうです! 
更年期症状も、ストレスによって重くなってしまうものなので、
おりものの臭い対策のためにも、ストレスを溜めないように上手く発散することが大切ですね。

タグ , , , ,

ホットフラッシュは臭いやすい!原因と対策とは?

更年期の一番のお悩みでもある、ほてりやのぼせ。
そしてそれにともなって出てくる汗。
汗の量も普通に暑くてかくときよりも多いのが特徴で、
暑さに関係なく汗が出たり、精神状態によって急に汗が出たりと
とにかくやっかいな汗のかきかたをするのが、更年期の特徴のようです。

しかも一番困ってしまうのが・・・この汗、臭いが強めなんだそうです!
その原因と対策方法はどんなものがあるのでしょうか?

更年期の汗はそれまで優位だった女性ホルモンが減ってしまい、
男性ホルモンが優位に立つことで自律神経が乱れて、汗をかきやすくなってしまいます。
しかも大量に汗をかくようになってしまうことが多いのです。
通常「多汗症」と言われるこの症状ですが、多汗症の場合は手のひらや足の裏に多く汗をかくのですが、
更年期症状での多汗症の場合は、顔や首、胸元に汗をかきます。
運動でかくサラサラとした汗と違い、少しベトつきのある汗なのが特徴です。
このベトベトとした汗には、皮脂やアンモニアといった成分が含まれていて、しかもベトつきのせいで蒸発しにくく、
肌の上の雑菌のエサとなってしまうために、においが強くなってしまうのだそうです。

この更年期の汗のにおいを防ぐためには・・・
1)ストレスを溜めないようにする
 ストレスなどにより精神状態が不安定になってしまうと更年期症状も重くなってしまう傾向があります。
 上手にストレス発散をするように心がけ、汗をかきはじめたなと思ったら深呼吸をして気持ちを落ち着かせるようにしましょう。
2)食事内容の見直し
 肉や脂っこい食事は体の内側から臭いの原因を作ってしまいます。
 野菜を中心とした食事をとるように心がけましょう。
 また体を冷さないようにする工夫もするといいですね。
3)入浴をして体をあたためる
 体を温めることで血行を良くして、サラサラの汗をたくさんかくようにすると
 体の中の老廃物やにおいの原因になる皮脂やアンモニアなども排出されるようになります。
4)汗拭きシートでこまめに拭き取る
 毛穴をふさぐスプレーなどは使わずに、汗拭きシートでこまめに汗を拭き取るようにすると
 雑菌に栄養を与えてしまうことを防ぐことができ、においを抑えることができます。

比較的簡単にできそうなことばかりですね!
日々の生活を見直して、ストレスを溜めないようにすることが更年期症状を軽くすることにも繋がります。

タグ , , , ,

更年期症状で最も怖い?!嗅覚過敏とは?

先日、会話の流れで義母の更年期症状を聞くことができました。
義母はかなり軽く済んだのよ~と言いつつ、
のぼせや多汗、いわゆるホットフラッシュには本当に悩まされたと言っていました。
そして、自分の汗の臭いや他人の頭の臭いが異常に気になった…とも。
義母はおそらく嗅覚過敏の症状も出ていたようです。
今はすっかり落ち着いたようですが、実はとっても怖い嗅覚過敏の症状、
嗅覚過敏はどういったものなのか調べてみました。

嗅覚過敏はその名のとおり、嗅覚(におい)が異常に鋭くなってしまう症状。
やたらと自分が臭いと思ってしまったり、他人のちょっとした臭いが気になってしまったり、
外出先で食品や化粧品などのいろいろなにおいが混じりあって気分が悪くなってしまったり・・・。
この更年期症状が出てしまうと、他の人は気付かない・気にならない程度の体臭でも
「自分が臭くて臭くてどうしようもない」「みんな臭いと思っているのでは?」
などと感じてしまい、人付き合いが怖くなってしまったり外出ができなくなって、
最悪うつ症状をひきおこしてしまうことも!
たかが臭いに敏感なだけで!と思われがちですが、とっても怖い更年期症状の一つなのです。
ではなぜ、更年期に嗅覚過敏になってしまうことがあるのでしょうか?

その大きな原因として、「女性ホルモン減少」があげられます。
女性ホルモンの「エストロゲン」が調節していた臭いを感知するセンサーが、
更年期になり分泌量が激減したことで調整がうまくいかなくなってしまい、
自分の汗の臭いを含め、いろんな臭いがとても気になるようになってしまうようなのです。

ではこのにおいに敏感すぎる状態はどうしたら落ち着いてくれるのでしょうか?
もしすでに耳鼻科を受診していて、何も異常がないと言われた場合は、
精神的な部分での治療の必要性も考えたほうがいいかもしれません。
臭いに対するストレスで乱れた自律神経を静め、精神的に安定させることで、
症状がとても軽くなることがかなりの確率であるそうですよ。

ただし、実際更年期症状の代表的なものでもあるのぼせやほてり(ホットフラッシュ)でかいた汗は
とても臭うということも事実としてありますので、
その対策もきちっとすることが大切ですね。

症状がつらい、何かおかしいなと感じたら、専門医に相談したり、
更年期症状に効果があるといわれるサプリやハーブ・お茶などを試してみるなど
少しでもストレスを解消できるように工夫してみてくださいね。

タグ , , , , ,

加齢臭は男性だけのものじゃない!~更年期の臭い~

更年期になるとなんだかにおいに敏感になったのかな?と思うほど
クンクンとにおってしまうことがあるの・・・という方が身近にいましす。
その方は自分の「ご主人の加齢臭」が気になるんだとばかり思っていたそうですが、
実は、気になっていたその臭いの発生源が「自分自身の臭い」だと気がついてショックを受けてしまったそうです。

女性の更年期には、体と心の両面で様々なトラブルがつきものですが、
その中で最も本人が気にしてしまうのが、「臭いのトラブル」ですね。
更年期に気になるにおいの原因とその対策方法を、一緒にみていきたいと思います!

ちなみにですが、私は数年後に更年期を迎えることになるので、
今回は身近にいる母、義母、ママ友の話を織り交ぜなから
自分自身も必ず通る道の予習をするつもりでまとめていきたいと思っています。

さて、更年期に気になってしまう臭いの中で特に多くきかれるものは、

1)汗の臭い(多汗症)
2)加齢臭(ホルモンバランスの崩れによる)
3)オリモノの臭い
4)尿漏れの臭い(アンモニア臭)

があります。

特に女性の更年期の大きな特徴でもあるといわれる「多汗症」、突然汗がどっとふき出してしまったり
普段からのぼせやすく汗をかきやすいといった症状があります。
また加齢臭は男性だけに出るものだと思っている方も多いかもしれませんが、
女性も加齢臭がするんですよ!(臭いの強弱やどんな臭いなのかは個人差があるようです)

これら臭いのほとんどが、更年期に入って閉経が起こり、その結果ホルモンバランスが崩れることによって
気になり始めてしまう場合が多いのだそうです。
女性の体の中の女性ホルモンが減少することで、それまであまり影響がなかった男性ホルモンが優位に立ってしまい、
皮脂の分泌が盛んになってしまいます。
これが汗腺につまると臭いの原因になったりするんですよね。

それでは実際に上記の気になる臭いをひとつひとつ、原因とその対策方法についてみていきたいと思います。

タグ , , , ,