男性だけじゃない!女性の加齢臭の原因と対策とは?

「更年期」と聞いて真っ先に思い浮かぶものの一つに、「加齢臭」があります。
でも、『加齢臭=おじさん』の考えでいる人、結構多いですよね。
実は私も加齢臭は男性が発するものだとばかり思っていましたが、実際は女性にも加齢臭があるんですね!
女性の加齢臭、その原因と対策方法にはどんなものがあるのでしょうか?
自分でなかなか気づくことができない、やっかいな加齢臭について調べてみましたよ!

女性の加齢臭の主な原因は、更年期になり女性ホルモンが減少し、
それにともなって引き起こされる自律神経の乱れにあります。
特にもともと女性の体の中にもある男性ホルモンが、更年期になって優位に立ってしまうことで汗腺や皮脂腺の分泌量が増えて
その結果臭いのもとになる「ノネナール」という物質ができてしまうことが一番の原因なのです。
ノネナールは、皮脂腺の中にある脂肪酸が増加してできてしまうにおい物質のことです。
私のように『加齢臭=男性のみ』と考えられていたのは、男性のほうが皮脂腺からだの分泌が多いので
加齢臭の原因物質を作り出しやすいからで、女性でも高タンパクな食事を多く摂ったり、喫煙、お酒を多く飲む習慣があると、
男性と同様、脂肪酸を増加させやすくなってしまい、加齢臭を発するようになってしまうのです。

では加齢臭を防止するためには、どうしたらいいのでしょう?
一番には皮脂腺の多い場所を清潔に保つこと、二番目には食生活・生活習慣の見直しです。
皮脂腺の多い場所を知って、毎日お風呂に入ってその場所に皮脂を溜めないようにすることが、
臭いを作らせないためには最も重要になります。
皮脂腺の多い場所は、
・頭皮(髪の毛の生え際)
・顔のTゾーン
・脇の下
・デリケートゾーン
・耳の後ろ
・胸元と胸の谷間
になりますので、覚えておくようにしましょう。
そして、タバコやお酒を控え、低タンパクな食事を心がけるようにしましょう・・・といっても、
そんなにすぐ切り替えて満足できないですよね。
加齢臭含め更年期症状は、ストレスが大敵!ストレスをためてしまうと症状が悪化してしまうこともあります。
体の内側から錆びにくくする、抗酸化作用のある食品を摂ったり、サプリや漢方薬に頼ってみるのもいいですね。

タグ , , , ,