参考にしたい!外出先での臭い対策

今回は私の実母、義母、ママ友から聞いた、更年期で多汗症(だった)のとき、
外出先で役に立ったもの、持ち歩いていたもの、取り入れていたものの話が
とっても参考になったのでご紹介したいと思います!

私の実母、義母ともにホットフラッシュの症状があったそうで、
出かけ先で暑くもないのに急にどっと汗をかくことがあって、とても困ったそうです。
どんなときでも関係なく汗をかくので、臭いが気になって外出が楽しめなかったとも言っていました。
出かけるときに必ずカバンの中に入れておくと、お守り代わりに思えて精神的にも安心でき、
その安心感が発汗量を抑える効果もあるそうなので、症状が出たら入れておきたいなと思った品々です。

●汗拭きシート
 これは更年期でなくても入れておきたいグッズですね。
 汗のにおいを抑えるには、汗をかいたらすぐに拭き取る・流す・着替えるのが一番効果的。
 携帯用のもの、香り付のもの、沢山種類がありますので、
 自分の好みにあうものを選ぶと良いそうです。
 ただし暑い時期は種類が多くなりますが、冬場は取り扱いが少なくなる店舗がほとんどなので注意してくださいね。
●速乾性インナー
 沢山汗をかいてしまったときに着替えができると臭いの不安もなくなりますよね。
 汗をしっかり吸収するコットンのもの、速乾吸収インナーなどがオススメだそうですが、
 脇に汗取りがついているものや、背中部分がしっかりあって背中の汗も取れるものが使えたといっていました。
●扇子とタオルハンカチ
 ほてりを感じたときに扇子であおいで風を感じるだけで、少し汗がひくように感じたそう。
 汗をすぐに拭き取れる厚みのあるタオルハンカチも便利なようです。
●凍らせたペットボトル
 飲み物を入れて凍らせたペットボトルをカバンに入れておくと、飲み物としてはもちろんですが、
 タオルハンカチを冷してから拭いたり、わきの下に挟んで肌を直接冷したりと
 汗を少しでもひかせるためにとても便利だったそうですよ。
 ただし冬場は中身が溶けないので、飲み物としては役に立たなかったそうです・・・。
●サプリメント類
 臭いの原因となるものを体の内側からなくしていくサプリメント類。
 いろいろ種類があり悩んでしまいそうですが、アセッパーの口コミなど実際に利用した人の声を参考にしてみるといいかもしれません。
 サプリメント類は効果を実感するまでには個人差があるので、毎日服用・長く続けることが重要になってきます。
 飲んでいるから大丈夫!という自信にも繋がるので、もし症状が出たら試してみるといいよ、と言われましたよ。

カバンの中に全部入れても、それほど大荷物になることなく、
尚且つ臭いの不安を消して汗をかいても大丈夫という安心感にも繋がる品々、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

タグ , , ,